当サイトでは、血糖値の上昇を抑制する「難消化性デキストリン」という成分が配合されていることから
血糖値に悩む方に向けて、「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」をおすすめしています。

しかしながら、本来は「青汁」を生活習慣に取り入れたい、ということで
あくまで<青汁>を選ぶことを目的として、当サイトをご覧の方もいるはずです。

そういった方というのは、多くが「青汁は体にいい」ということで
なんとなく、利用を検討している人も含まれると思われます。

そして青汁に対する、その「体にいいもの」という印象は
「緑」という<苦いけど健康にとっていいもの>が演出していると考えられ
その中心となっているものが、あらゆる青汁に配合されている「大麦若葉」になります。

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」に関しても、原材料を徹底的に厳選した結果
「難消化性デキストリン」と、大麦若葉だけを配合しています。

<本来の青汁>の成分の中から、ただ1つ残された原材料と言えるのです。

※その穂に抹茶も含まれます。(主に味のバランスと整えるためと考えられる)


「大麦若葉」とは

大麦若葉は、大麦が完全に成長する前の「葉」の部分です。

<どうして、体のいいイメージがあるのか?>と言えば

  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維

というものが、非常に豊富に含まれていることがまず言えます。

昨今のブームとなっている、「スーパーフード」と同じく
一定の質量を考えた際に、非常に栄養が豊富に含まれているのです。

中高年のリスクの抑制への有効性も

以上に加えて、大麦若葉にはもともと

  • 血糖値の正常化
  • 抗炎症作用
  • 抗酸化作用
  • 脂肪の分解

という、中高年に芽生えがちな様々なリスクを抑制するための
まさに<体にいい>と言える効果を持っており、年をとったことを自覚した際には
血糖値の状態に関わらず、誰もが摂取すべきと言えるものです。

また「胃炎」に働きかけることや、口内環境にも好影響を与えるため
「口臭」でお悩みの方には、隠れたメリットがあると言えます。

「デメリット」が少なくてすむバランスコントロール

バランスよく栄養素を摂取しようとすると、「脂質」を中心として
どうしてもカロリーオーバーになってしまう傾向があり
血糖値が高い人にとっては、一大事であると言えます。

しかしながら、それでも毎日の栄養素の摂取は必要なことでもあり
「カロリー」「血糖値」を、なるべく上げることなく取り入れたい人は多いようです。

また加齢に伴う、食欲の低下といったことも影響するため
少ない摂取量で負担なく、体に優しい摂取が理想的と言えます。

「苦い」ということは、デメリットになることもありますが
「癖になる」という方もおり・・・結局は、試してみるしかないと言えます。

大麦若葉は、基本的にはほとんどの青汁に含まれる食材であり
「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」だけの、特別な成分というわけではありません。

ただし、「大正製薬」という大きな企業が品質にこだわって配合していることから
青汁を利用したい・大麦若葉の効果を実感したい、という方でも
ぜひ、「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」から始めて欲しいと思います。

>>>「大麦若葉青汁」の公式販売ページへ