中高年を中心に「健康習慣」のための代表的なアイテムである「青汁」ですが
この青汁以外にも、健康のために利用されているアイテムはたくさんあります。

その中でも、やはり昨今の注目株と言えば「酵素ドリンク」であり
青汁が<ロングセラー>であれば、酵素ドリンクは<新定番>とも言うべき
習慣として取り入れる人が急増した、新しい<鉄板>と言えるアイテムです。

これらのアイテムに共通する要素としては、やはり「ドリンク型」であり
「サプリ」に比べると、やや面倒でありながらも<食事のお供>として
また<水分補給>が同時にできることも、大きなメリットである言えます。

最近では持ち運びがしやすいように、一包ずつ「小分け」されアイテムもあり
当サイトでおススメしている「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」もその1つと言えます。


血糖値への効果はあるのか?

当サイトのメインテーマである「血糖値を正常に保つ」と言うことに対して
酵素ドリンクは効果的であるか否か、ということですが
当然のことながら「インスリン」ではないため
直接的に、血糖値へ効果を与えることはありません。

血糖値を下げることができるのは、インスリンのみなのです。

しかしながら、関節的・結果的に、インスリンの分泌に対して
よい効果を与えることは、十分に考えられますものと言えます。

「代謝」に働きかける

そもそも「酵素」とは、本来人間の体内に存在する
作り出すことができる成分であり、その目的としては「代謝」になります。

代謝とは、体が取り入れた食事・食材を
分解・吸収し、排出するまでの一連の作業を指します。

<生きる>ということは、正常な代謝があって初めて実現することであり
代謝し続けること自体が、生きるということになります。

肉・骨・血液・神経、このどれもが代謝の結果として存在します。

この代謝の中の働きであり、主に「消化」という過程において
酵素というのは、活躍をするものであり
「消化酵素」という名称は、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

インスリンの分泌にも大きく関わる

そして、酵素というのは腸内にも存在するものであり
腸というのは、「吸収」と同時に「ホルモン」を分泌する役目も担っており
そのホルモンには、インスリンも含まれます。

そのため、酵素に働きかけることによって
インスリンへの好影響を与えることも、考えられます。

ただし、注意することとして
摂取した酵素が、体内でそのまま酵素として働くわけではなく
あくまで、「きっかけ」に過ぎません。

摂取した酵素が「どう効いてくるのか」は分からないものなのです。

そのため「血糖値」「インスリン」といった枠を超えた
トータルケアとして、酵素ドリンクは効果的と言えます。

血糖値に働きかけるなら「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」

ただし、メリットの多いように思える酵素ドリンクですが
こと<高血糖対策>という面で考えれば
やはり「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」の方が効率的といえます。

もちろん酵素ドリンクは、それはそれで有意義なものであり
「結果的に」高血糖に対してのメリットも考えることができます。

しかしながら、「より血糖値をターゲットとしたい」のであれば
血糖値に悩んでいる方は<まずは青汁>をおすすめしたいと思います。

>>>「大麦若葉青汁」の公式販売ページへ