そもそも血糖値が上昇し、「高血糖」の状態となり
「糖尿病」と呼ばれる状態にまで発展してしまう
最も大きな要因は、「インスリン」に問題が発生してしまうことにあります。

インスリンとは、血糖値をコントロールしているホルモンであり
膵臓で作られていることは、広く知られている知識です。

インスリンの主な働きとしては、血糖値を「下げる」ことが知られますが
「保つ」ための、様々な調整役として存在します。

とは言っても、血糖値は上がる方が簡単であるため
「下げることができる唯一の成分」と考えるべきものでもあります。

そして、このインスリンによって
血糖値をコントロールすることができなくなってしまう理由としては

  1. インスリンが分泌されなくなってしまう
  2. インスリンが働かなくなってしまう
  3. インスリンの効果を体が感じなくなってしまう

主に以上の3つのケースが考えられます。


インスリンが疲弊してしまう

まず第一に、最も多いケースとしては
インスリン(分泌する機能含め)が疲れ果ててしまうことによるものです。

血糖値とは、基本的に「食事」をすることで
しばらくしてから上昇を始めることになります。

これ自体は、体が持つ自然な反応であり
糖尿病関係なく起こるものと言えますが
問題は、「常に」高くなることといます。

そして、常に血糖値が高い状態というのは、食事をした後に
「下がらなかった」「下げることができなくなった」ということでもあります。

「働かさせ過ぎ」が招く事態

なぜ下がらなくなってしまったかと言えば
インスリンを働かせすぎでしまったということが原因です。

食事量が多いほどに、極端表せば「暴飲暴食」をするほどに
血糖値を下げるためには、その分だけインスリンが多く必要になります。

これが頻繁に続くことで、インスリンを分泌する機能
またインスリン自体が、壊れたものとなってしまうのです。

その結果、「血糖値をうまく下げることができない」ことになります。

体が「麻痺」してしまう

もう1つの、血糖値がうまく下がらなくなる要因として
体がインスリン(の働き)を、正常に感じることができなくなることです。

いわゆる、「麻痺してしまう」ということであり
頻繁にインスリンが働き過ぎている状況において起こることになります。

これは「インスリン抵抗性が強まる」と表現されることも多いです。

最終的には全てが揃ってしうこととなり・・・

いずれにしても、異常の症状というのは
暴飲暴食や、不摂生な生活を続けることによって
最終的に全ての症状が現れ、合算されることによって
<常に>血糖値が高い状態となっていくことになります。

そして、この状態にならないめの最も根本的なアプローチは
血糖値の急激な上昇を防ぐことであり、
まさに「難消化性デキストリン」が持つ働きが適格な効果を持つのです。

>>>「大麦若葉青汁」の公式販売ページへ