糖尿病を予防するための、いわゆる「血糖値対策」とは非常に抽象的なものでもあります。

それは、血糖値を下げる存在(成分)は「インスリン」しか存在せず
日常生活の中でできることというのは、

  • 節制(腹八分目)
  • 暴飲暴食を控える
  • タイミング(就寝前には食べない)

といった、「血糖値を上げないように注意する」ことがほとんどであるためです。

しかしながら、健康に関する話題の中では
しばしば「糖尿病予防に効果的な成分」といったものを、耳にすることがあります。

そしてそれらは、あくまで

「結果的に血糖値の改善につながるかも?」

ということであることは、当サイトでは繰り返し解説してきました。

もちろん、そういった食材・成分は前向きに取り入れるべきであり
その中の1つとして、昨今注目されている成分に「ラクトフェリン」があります。

インスリンの働きを助ける「ラクトフェリン」

ラクトフェリンとは、「糖たんぱく質」です。

「乳酸菌」の一種であると思われがちですが、異なる存在です。

その主な働きとして、有害な鉄と結合することによって最近の繁殖を抑制する働きを持ちます。

そのため、ラクトフェリンの働きを紹介する際には
「免疫力を高める」と言われることが多く、また事実でもあります。

こいった、免疫力を高める成分は他にも多く存在しますが
なぜラクトフェリンが、糖尿病対策として注目されているのかと言えば
やはり、「インスリンを取り巻く環境を改善する」という働きを持つためです。

「クロム」の吸収を促進する

インスリンの働きを活発にする成分として知られるものに、「クロム」があります。

クロムは体内で吸収されることで、インスリンの分泌を活性化させることになりますが
ラクトフェリンは、このクロムの吸収を促進する働きがあると考えられています。

実際に糖尿病患者に関して、体内のクロムの濃度が低いことが分かっており
血糖値が高い状態だからこそ、しっかりと「効かせる」ことが必要であると言えます。

腸内環境の改善にも効果的

そして高血糖対策の根本基礎を考えた際に、非常に重要である「腸内環境」に関しても
ラクトフェリンの「整腸作用」は、非常に大きなメリットを持っていると言えます。

それも、一般的な乳酸菌による整腸作用に比べ
幅広いアプローチから、腸内環境の改善をサポートします。

便秘には様々な種があり、その解決策もわずかに異なりますが
乳酸菌が「善玉菌」を増やすことで、腸内環境を改善する一方で
ラクトフェリンは、鉄を排除することで状態を良化させます。

そして鉄(最近の餌)が少なくなることで、悪玉菌の減少させ
また酸化を防ぐことで「神経」の緊張をほぐし、便秘の解消につながることになります。

ラクトフェリンの効率的な摂取方法

ラクトフェリンを最も含んだ存在として、「母乳」が挙げられます。

母乳は赤ちゃんが抵抗・免疫力をつけるために欠かせないものであることは広く知られていますが
ラクトフェリンは、その働きをサポートするための大きな役目を担っている存在です。

しかしながら、やはり常識的な摂取方法であるとは言えず
やはり、日常的な食材・食事から摂取したいものです。

ラクトフェリンを、比較的豊富に含む食材としては
牛乳・チーズ・ヨーグルトといった「乳製品」が中心となりますが
これらは同時に「脂質」が多い食品でもあり、十分な量を摂取するためにリスクを伴います。

そう考えた際にも、「サプリメント」による摂取は非常に効率的と言えます。

>>アトピーの敏感な肌におすすめの化粧品