当サイトでは、血糖値に悩む方におすすめしたい「青汁」を紹介していますが
日常的な栄養素の摂取の中心はやはり食事であり、一般的な食事で摂取できる成分の中にも
結果的に血糖値に対して、糖尿病予防に対して効果的なものがいくつか存在します。

注意点としては、食事には必ず「エネルギー」が伴うものであり
それがないからこそ、特別なアイテムの摂取がおすすめと言えますが
毎日必ず繰り返す習慣だからこそ、継続的な予防につながるものであり
日々の中でその内容にこだわることは、あらゆる病気の予防にとって非常に大切なことです。

何よりの日常的な予防

食事による糖尿病予防のメリットとして、常に血糖値ケアをできる点が挙げられます。

体の健康を守るためには、<総合力>は欠かせないものであり
一点からではなく、複数のポイントから働きかけることが重要なことと言えます。


インスリンの働きを活性化させる「亜鉛」

まずは血糖値にとって最も需要な要素である、インスリンの分泌・機能からです。

インスリンとは「ホルモン」であり、ホルモン環境を正常に保つことが
何よりインスリンを取り巻く環境を、正常に保つことでもあります。

また糖尿病患者の尿中には亜鉛が多く含まれており、亜鉛を排出しやすい傾向があります。

このことからも、亜鉛はインスリンの代謝に特に関わる成分であると考えられています。

ブドウ糖の燃焼をサポートする「ビオチン」

血糖値を正常な値を超えて上昇させないためには
ブドウ糖の燃焼を活発にすることが、重要な要素と言えます。

「ビオチン」は、エネルギーの代謝に大きく関わり
特にブドウ糖の燃焼を助ける効果があるとされます。

基本的なエネルギーを摂取する、食事の際に取り入れることで
食後のエネルギー効率を、より高めることができると考えられる成分です。

亜鉛とビオチンを含む食材

亜鉛とビオチンは、同じ食材に含まれているものが多く
特定の食材を摂取することによって、効果的な対策につながる成分と言えます。

肉類/魚介類/チーズ・乳製品

大切な肝臓を労わる「オルニチン」

<二日酔いに効く>として知られる「オルニチン」は、実際にアルコールの分解を担う
肝臓の働きを活性化するものであり、肝臓には中性脂肪(グリコーゲン)の貯蔵という役目もあります。

余分に摂取してしまったブドウ糖も、中性脂肪となって蓄えられることになりますが
肝臓が正常に吸収できなかった場合に、血液へと流れ込むことになります。

つまり肝臓が正常出ない状態というのは、血糖値が上がりやすいのです。

そもそも、中性脂肪となる余計なエネルギーを摂取しないことが重要ですが
もし過剰に摂取したしまった場合にこそ、肝臓が正常に働かなければならないのです。

※オルニチンを豊富に含む食材

しじみ/魚介類

血液を綺麗にする「ポリフェノール」

血液全体の健康を考えた際には、血液を綺麗にする成分をぜひ摂取したいものです。

「血液を綺麗にする!」という成分には様々なものがありますが
比較的多くの食材から摂取しやすく、また効果の大きなものが「ポリフェノール」になります。

「抗酸化成分」としても知られるポリフェノールは、美容効果だけでなく
腸内における、基本的なブドウ糖抑制効果を持っています。

また、血糖値を上昇させるホルモンを抑制する働きもあり
二重に血糖値ケアができる、非常に心強い成分でもあります。

このポリフェノールは、様々なカタチをしていることが特徴であり
身近な食材に存在する、意外な成分も実はポリフェノールであることもあります。

※ポリフェノールを含む食材

お茶・・・「カテキン」として

ワイン・・・「アントシアニン」として

コーヒー・・・クロロゲン酸

以上は、あくまで一般的な食生活において摂取できる食材・栄養素であり

より有効性の高いと考えられる成分に関しては、特別なアイテムで摂取することがおすすめと言えます。

>>>そもそもの血糖値の上昇を防ぐ「難消性デキストリン」を配合した青汁