「出産」とは、素晴らしい経験に違いないものですが
それに伴う、体への「負担」「ダメージ」は
日頃受けているもの・経験のあるものとは、比べものにならないものになります。

そしてその中でも、妊娠による体の変化の際たる現象である
「お腹の膨らみ」によって、招かれる症状に「妊娠線」があります。

基本的には、皮膚が「引っ張られる」ことで発生するため
妊娠の過程においては、避けることができない症状になりますが
その大きな特徴として「痕が残ることが多い」ことが挙げられます。

「そのうち消えるだろう」と、安易に油断している方は少ないはずですが
「時間が経てば薄くなるんじゃないか」と、楽観的に考えている人は多いはずです。

しかしながら、「放っておいて消える程度」には、限度があります。

「できるだけ早く」対策を打つことが、必須となる症状なのです。

妊娠線はどうしてできてしまうのか?

いわゆる「妊娠線」と呼ばれているものは、「肉割れ」の症状の1つであり
ダイエット経験者(ほとんどのの女性のはず)は、ご存知の方も多いはずです。

  • 急激に太った際
  • 急激に痩せた際

特に、「急に太って急に痩せた」際にできやすく
短期間における、皮膚の激しい伸縮によって発生する症状です。

正に「妊娠」は、これにぴったり当てはまる現象と言えます。

伸ばされ・切れた患部からの水分の蒸発

皮膚の激しい伸縮が肉割れを発生させ、「痕」に残ってしまうメカニズムとしては
限度(許容量)を超えて皮膚が伸びることで、皮膚が断裂・破壊されることになります。

まずは「表皮」の下の「真皮」と呼ばれる部分が破壊されることになりますが
この部分は新陳代謝が活発であり、すぐに修復(細胞の入れ替え)が起きます。

問題はその更に下のある「コラーゲン質」が破壊されることです。

コラーゲン質は、新陳代謝のペースが遅く、断裂してしまった際には
「更にその下」が露出・吹き曝しの状態になってしまい
その部分から「水分」が蒸発してしまうことになります。

「水分が失われた深い部分にある組織」が肉割れ(妊娠線)の正体なのです。

この水分の蒸発によるダメージが、より「濃い(深い)」場合には
特に痕に残りやすいと言え、こういった深い肉割れは「赤黒く」残る傾向があります。

また、ダイエットによって肉割れが発生する理由としては

  • 激しい運動による細胞組織の破壊
  • 急激な筋肉量の増加による、皮膚の慎重

という、「急に太る」とは違った内容によるものなのです。

残念ながら、「無理のし過ぎ」と言えます。

妊娠線の解消法

妊娠線(肉割れ)は、まずは「発生させない」ことが重要になります。

「できる過程」において、常にケアすることが大切なのです。

まずは、肌に「柔軟性」を持たせることで
「壊れにくい」肌を作ることから始めることになり
「妊婦向け」のメディアでの、お馴染みの過程になります。

「入浴の際に揉み解す」といったことが、主なアプローチになります
(もちろん無理は絶対にNGです。妊娠中の長湯は控えましょう。)

しかしながら、問題は「発生してしまった妊娠線」であり
このページをご覧の方は、「できちゃったら遅いの?」と不安な方も多いと思われます。

できてしまった後でも「努力する・しない」によって
その後の経過は全く違うものになります。

まず基本的には、新陳代謝によって肌は生まれ変わるものであり
その機能に加えて、更に改善プローチをしていくことになります。

「揉み解す」という段階は、<もう遅い>という現実がありますが
(もちろん、肌に弾力性を持たすことはいつでもメリットのあるものです)
実際にはやはり、クリームといった<プラスアルファ>を利用することをおススメします。

「妊娠線解消アイテム」もおすすめ

妊娠線をケアするためのアイテムは
妊娠中から利用する女性も多く、本来は理想的な使い方になります。

しかしながら、出産後に関しても有効なものです。

ただし、その発生メカニズムは独特のものであり
「妊娠線専用」のアイテムの使用をおススメします。

最近では、妊娠線も症状ごとに区別されており
「正中線」といった、「より要因の深い」妊娠線の専用アイテムもあるよです。

症状によっては、水分の蒸発だけでなく「メラニン」も関わっており
両方の要因へ、同時に対処する必要がありケースも考えられます。

妊娠線は「何人産んでもできない」女性もいたり
また、「勝手に薄くなる」という場合もあります。

しかしながら、「やらないよりやる」
それも「できるだけ早く」ということが、非常に重要な症状です。

そして、

「その割に綺麗」なお腹の女性というのは、陰で努力をしているはずです。