「健康」「体重」は、切っても切れない関係です。

<健康面に問題がある>人というのは<太っている傾向がある>ということは事実です。

これは、「性別」や「年齢」には関係のない現象になりますが
「中年」という時期に差し掛かった人にとっては、より非常に身近なものになってきます。

積み重ねてきた生活習慣は、長いほどに<悪い方向>に向かいやすく
「中年太り」という言葉があるように、独特の太り方をしています。

更に特徴的なこととして、その太った体というのは

  • 血糖値
  • 血圧
  • 血中脂肪

あらゆる点で、<マズイ>状態になっているはずです。

「運動部の学生」の太り方でなく、「危ない中年」の太り方と言えます。

そしてこの体重と健康は、できるだけ<同時に>ケアしていきたいものです。

ここまで言わなくとも、しっかりと自覚している人も多いはずであり
「痩せて」更に「健康に」と目指している、実践中の方もいるはずです。

この2つの要素というのは、同時進行が難しいものではなく
両立することは、当然のこと・自然な仕組みであるとも言えます。

  • 健康になるための働きかけ
  • 痩せるための働きかけ

これらは、重なる部分が非常に多いのです。

そして、こと「血糖値」という要素に関して
「コントロールされる仕組み」が、「痩せるための仕組み」に大きく関わっており
それらの仕組みを利用したダイエットに、非常に効果的な成分として
「難消化性デキストリン」という新成分が、今注目されています。

そもそも「難消化性デキストリン」とは

まず、「難消化性デキストリン」とは・・・
「消化しづらいデキストリン(デンプンの一種)」であり
「水溶性の食物繊維」として存在する物質になります。

デンプンは炭水化物なのに、食物繊維?という疑問が沸くかと思いますが
非常に複雑な「人工的」な物質であり、食物繊維の不足を補うために開発されました。

<人工>という言葉に対して、マイナスな印象を受ける方もいるかもしれませんが
難消化性デキストリンは、「害がない」ということが証明されています。

「人工甘味料」といったものの、健康への悪影響がしてきされる中で
害がない・他の栄養素の邪魔をしないという、画期的な成分でもあります。

そして、それ以上に素晴らしい点が「糖の吸収を抑える」という点であり
「高血糖(糖尿病)の対策」や「減量」にとって
非常に大きなサポートとなることが期待されており
様々なサプリ・ドリンクに配合され、商品化されています。

<ブーム>以上の存在になっていると言える成分であり
そしてその中でも、今特におすすめのアイテムが
<難消化性デキストリン配合青汁>である「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」になります。


高血糖と肥満に悩む人にぴったりの「大麦若葉青汁」

「大麦若葉青汁」は、大手製薬会社でる「大正製薬」が販売する
「青汁」というくくりのアイテムになりますが、非常にシンプルな内容であり
青汁というものが、苦手な人であっても取り入れやすいものになります。

更には「トクホ」という言葉で知られる「特定保健用食品」でもあり
「厚生労働省」の<お墨付き>アイテムでもあります。

「トクホ(特定保健用食品)」とは・・・

「特定の目的の解決に期待できる成分」として、「認定」されたアイテムであり
単なる食品(特定の成分がたくさん入っている)である「サプリ」とは一線を画します。

難消化性デキストリンを配合したアイテムは
今となっては、非常に多くのアイテムが存在します。

また青汁に関しても、幅広い種類・メーカーが存在しますが
それでも「大麦若葉青汁」をおすすめする理由としては
やはり「高血糖」「肥満」というトラブルを同時に
また効率的に解決するための、シンプルな配合になっているためです。

そして、それぞれの解決策である

  • 痩せること
  • 血糖値(常時血糖値)を安定させること

これらを実現させるための、非常に合理的な仕組みが実現できるのです。

難消化性デキストリンを利用して痩せることが高血糖対策につながる

難消化性デキストリンを摂取することで、減量につながる仕組み
更には血糖値の安定につながること、それらのメカニズムを簡潔に説明すると・・・

脂肪燃焼にとってのメリット

  • ブドウ糖の吸収が抑えらえる
  • エネルギーが足りなくなる
  • 体内に蓄積された脂肪の分解が始まる

血糖値にとってのメリット

  • 血糖値が上がらないからインスリンの必要性が低くなる
  • インスリン環境全体の負担が減る
  • インスリンの生成・反応が正常に保たれる
  • 高血糖に陥りにくくなる

こういった「血糖値が高くて太っている人」にとって
非常に理想的な連鎖が発生することになります。

これは「将来的なリスクの回避」ととらえることもできます。

ブドウ糖の吸収を抑えることが効果的な減量につながる理由についてもっと詳しく

「インスリン」の機能が破壊されてしまう理由についてもっと詳しく

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」を飲むベストなタイミングは?

「1日約115円」で始めることができる

難消化性デキストリンを配合したアイテムというのは
<やや高価>になる傾向がありますが、「大麦若葉青汁」に関しては
115円/杯で始めることができ、非常にリーズナブルと言えます。

これは、一般的な青汁・高品質サプリに比べても
取り入れやすい価格と言え、1日1杯から始めるのであれば
これだけでも、非常にコストパフォーマンスが高いと言えます。

今から「青汁習慣」を始めるなら、「大麦若葉青汁」で間違いありません!

>>>「大麦若葉青汁」の公式販売ページへ


>>「糖尿病サプリ」のおすすめランキングはこちら